レトロな昭和の文房具、廃盤万年筆

お支払い方法

銀行振込、代金引換、クレジットカード

銀行振込、代金引換、クレジットカードよりお選びください。

Yahoo!ウォレット アクセプタンスマーク

店舗運営会社

有限会社 商芸印刷
〒553-0002
大阪市北区西天満
4丁目8-4
TEL: 06-6451-5119

プライバシーポリシー

☆プラチナ/PLATINUM/#3776センチュリー万年筆!ブラックインブラック!PNB-10000☆

商品ID 5223769
販売価格 8,640円(税込)
購入数
ペン先

オプションの価格詳細はコチラ


★1919年創業から約一世紀。培われた伝統とたゆまざる技術の集大成として「熟成の#3776センチュリー」が発売されました。インクの乾燥を防ぐ「スリップシール機構」を新たに組み込んだ革新のキャップと書き味を左右するインクの流動を見直し開発された新ペン先です。心地良い筆記バランス、書き味、スムーズなインクの流れ、最大の欠点とも言えるインクの乾燥を防ぐことが出来ないかを検討し、全てのパーツを新たに設計し誕生しました。

★万年筆はペン先をカバーし気密構造にした場合、キャップの開閉でポンピング(*1)を起こしインクの噴出しを防ぐことは困難とされてきました。 この事により、通気を持たせる開放構造にするしか方法がなく、次の問題がありました。 (1) インクの水分が蒸発し、だんだん濃くなり、かすれ気味になる。 (2) 3ヶ月から6ヶ月使用しないと、乾燥して書けなくなる。 (3) インクの水分が揮発して染料分が内部構造にこびり付き、インククリーナーセットによる洗浄や、最悪の場合、メーカーによる分解洗浄が必要になる。 プラチナ萬年筆では、当たり前とされてきた万年筆のこの問題を、お客様の立場に立って原点に戻り、なぜできないのかを突き詰め、この課題に取り組みました。 その結果、回転ネジ式キャップで初めて耐久性を考慮した完全気密キャップ「スリップシール構造」を実用化させ、プレピー万年筆やプレジール万年筆のスナップ式に続き、実用化困難とされていた回転ネジ式キャップの高級万年筆でも完全気密を可能にしました。 インクの噴出しがなく、一年間使用しなくてもサラリと書き出せる回転ネジ式キャップの高級万年筆が新しい#3776です。 (*1)ポンピングとはキャップを開く時、一瞬気圧の低下が発生してインクを引出すことです。特にペン先カバーキャップに食い込ませたり、完全機密構造にした時に顕著に現れます。
●サイズ:
長さ139.5mm(キャップを閉めた状態)
キャップを尻軸側に装着した状態153.5mm
ボディのみ119.7mm
最大径15.4mm(首軸部径10mm)
重さ20.5g(ボディのみ11g)

★プラチナ #3776シリーズとは

名称は、日本最高峰の品質を目指し、富士山の標高を表わす数字にちなんでつけられております。 ベースになった万年筆は、昭和53年、作家で万年筆コレクターの、故梅田晴夫氏が中心とする研究グループとともに「理想の万年筆」を目指して開発したプラチナ#3776。梅田氏は30年間、月平均180 枚の原稿を万年筆で筆記し、1,000 本にも及ぶ万年筆コレクションの中から導き出した条件を実現させた万年筆です。
この商品について問合わせるこの商品を友達に教える買い物を続ける